世界を切り撮る 色いろ編3 市場

市場に行けば、その土地の暮らしを感じることができます。
野菜や果物の並べ方にも、土地柄が出ます。

ウマワカ (アルゼンチン Humahuaca, Argentina)

ウマワカ (アルゼンチン Humahuaca, Argentina)

意外にも整然と並べられたオレンジ、ピーマン、豆たち。箱の赤色と、下に敷かれた紫色のビニールがアクセントになっていて、その配色にどことなく南米を感じました。

パリ (フランス Paris, France)

パリ (フランス Paris, France)

日曜日の朝に訪れたビオマルシェ。要は有機栽培の作物や商品を扱う朝市ですが、パリのマルシェ、しかもオーガニックと聞くと、無造作に置かれた野菜の配置やトマトの赤色も、品よく洗練されて見えてくるから不思議です。

プノンペン (カンボジア Phnom Penh, Cambodia)

プノンペン (カンボジア Phnom Penh, Cambodia)

マンゴー、パイナップル、タマリンドといった南国フルーツに、わくわくする朝の市場。朝の柔らかい光で、果物が一層美味しそうに見えます。マンゴーとパイナップルを入れた大きな籠の上に載せられた、青と緑の小さな籠が、それぞれの果物をバランスよく見せています。

Posted byonoko